電力企業の選択。ある意味これは、手形割引の取引に似ている?

玉石混載の電気自由化で、はっきりいって「知らないよ」って企業も多いですよね。
一説では何百社が参入しているということですから、
それは認知度が低い企業も多くなるわけです。
正直いくら安い金額を提示されても、不安が残ってその不安が当たった場合の
事後処理を考えるとどうしても安心ブランドの大企業を選択したくなりますよね。
ある意味これは、手形割引の取引に似ているのではないでしょうか?
大手なら、安心して手形を買いとれるが、
名もない企業では本当にお金に換金されるのか?みたいな。
世の中、凄まじ数の保険が出ているわけですから、
それだけ安心というものに価値があるんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です